秦野伊勢原医師会長挨拶      


一般社団法人 秦野伊勢原医師会
会長 須藤 宣弘

 はじめに

一般社団法人秦野伊勢原医師会のホームページにお立ち寄りいただきありがとうございます。

当医師会を代表してご挨拶申し上げます。 

 当医師会の概要と特徴

 次ページの沿革にもありますように、当医師会は神奈川県の西部、秦野市および伊勢原市に事業所を有する医師を中心に構成されております。平成27年4月1日現在の会員数は215名で、所属事業所は139機関です。個人診療所・病院の他に、独立行政法人国立病院機構、日本赤十字社、JA厚生連、さらに特定機能病院としての大学医学部付属病院、そして保健福祉事務所があります。それぞれの専門性を生かした診療所同士の連携は言うに及ばず、診療所と病院とのいわゆる病診連携もたいへんスムーズに行われております。

 医師会の役割

 医師会というと一部マスコミの作り出した利益追求の圧力集団というイメージを御持ちの方もあるかもしれませんが、決してそうではなく、専門的見地で保健・医療・福祉に関して行政に幅広く協力しています。自由開業制では、自分自身のいわば私的な診療だけを行っていても良いわけですが、それでは地域の医療を守ることが出来ません。そのため、医師会員は、行政の行う高齢者や乳幼児の健診・各種予防接種・学校保健等の事業に積極的に協力しています。また、産業医やスポーツ医として職場や競技会の安全にも寄与しています。さらに、休日夜間の時間外診療には、毎日休む事無く対応し、災害に備えて防災対策の班を編成し災害医療の研修会を行い緊急時の出動に備えております。福祉の面では介護保険の認定審査や介護事業者への医療面での知識の啓発普及に努めています。その他各種諮問委員会など医師会会員が出動していない日は殆ど無く、会員の参加が無ければ地域の保健・医療・福祉は崩壊してしまうといっても過言では無いと思います。

 自己研鑽と医学生・研修医の教育

 医師会にとってもう一つの重要事項は、学術研究です。年々進歩する医学医療にアップデートに対応するため、各種研究会を活発に行っております。とくに会員同士の経験を中心とした発表会は年々盛んになっています。
 また、医学生に対する臨床実習受け入れは全国に先駆けて10年以上前から行われています。さらに、新臨床研修医制度の地域医療実習の受け入れも積極的に行っています。

 結びに

 このホームページも改良を重ねて、ここを御覧になる方々によりお役に立てるような内容にして行きたいと思います。
 どうぞこれからも当医師会にご理解を頂き、さらなるご教示ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 



 トップページへ戻る